全種類の取扱がございます

医療用漢方薬は多岐にわたり、メーカー違いや剤形(錠剤タイプや顆粒タイプ)の漢方薬がございます。症状に合わせて、薬剤師が最適の漢方薬をご提案致します。このページでは、代表的な漢方薬を載せておりますが、他にも在庫はございますので、お気軽にお問い合わせください。

葛根湯(かっこんとう)

風邪のひきはじめに使う、知名度がとても高い漢方薬です。即効性があるので、風邪かもしれない、と思ったその夜にお湯に溶いてじっくり飲みましょう。味も苦くなく、飲みやすい部類です。ドラッグストアでもほぼ必ず売っているため、夜に駆け込んで購入することができます。漢方薬が苦手な方は、はちみつを入れて飲んでも大丈夫です。はちみつと葛根湯においては相互作用がないため、安心して服用できます。肩こりがひどい方にも葛根湯は処方されます。だいたい2~3日間飲んで様子を見ます。その後に咳、鼻水、鼻づまり、発熱の具合を見て他のお薬に切り替えるか検討します。

麻黄湯(まおうとう)

インフルエンザに対してエビデンス、効果のある漢方薬です。こちらも即効性があります。12月~3月のインフルエンザシーズン中に、風邪かもしれないと思ったときは葛根湯ではなく、麻黄湯を使うことをおすすめしています。麻黄湯はバリバリ働いているビジネスマンの方でしたら、たいてい服用できます。麻黄湯はドラッグストアで扱っていないこともありますので、シーズン前に用意しておくと安心です。漢方薬は消費期限もとても長いので、常備薬としてとても優れています。麻黄湯は3日間ほど毎食前に飲んで様子を見ます。大抵の風邪は麻黄湯で症状緩和、すぐに効果が出てきます。 なお、インフルエンザに対しての正しい情報発信として、専門サイトではありますが、「Antaa(アンター)」内の黒田浩一先生が作成されたスライドがとても詳しいです。 → https://slide.antaa.jp/article/view/94661c82c9bb4b4b

小青竜湯(しょうせいりゅうとう)

鼻炎、鼻づまり、くしゃみといった症状に使われる漢方薬です。鼻水が出やすい風邪症状だとちょうどよいです。眠くならないので、仕事のパフォーマンスが落ちないというところもメリットです。味が特徴的(甘い、酸っぱい、苦い)なので、一気に飲んでしまいましょう。

麦門冬湯(ばくもんどうとう)

乾いた咳がたくさん出るとき、乾燥で喉がカラカラで咳が出るときに使います。喉にうるおいを与えて咳を鎮めます。風邪っぽさはなくなったけど、咳が続いている場合は麦門冬を使います。麦門冬はとてもあまくて美味しい漢方薬です(もともと子供用で開発されたようです)。

五苓散(ごれいさん)

二日酔いの予防、胃腸炎などに使う漢方薬です。下記リンクで詳しく解説しています。 二日酔いになりやすい方へ → https://xn--t8jvd551n2lnn90a6cd.jp/archives/1808

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

疲れやすいときに使われる漢方薬です。風邪は治ったけど倦怠感が取れないといった場合に使います。また、食欲不振のときにも症状改善のために使われます。連日の激務で慢性的に疲れている場合は一度試してみるのもよいでしょう。なんかずっと疲れている、、、というようなとき、その夜に補中益気湯をお湯に溶いてじっくり飲んでみましょう。

桔梗湯(ききょうとう)

喉の調子が悪いとき、喉が悪くなり始めているときに使います。お湯に溶いてゆっくり飲むか、冷ましてうがいして使います。薬液が喉に触れていれば触れているほど効果が出てきます。顆粒タイプをサッと飲むようなお薬ではなく、ガラガラとうがいするか、ちびちびと飲むようにしてください。一番甘い漢方薬と言っても過言ではないくらい飲みやすいです。漢方が苦手な方にもおすすめできる、喉に効果がある漢方薬です。   上記の漢方薬で2~3日様子を見て、症状が良くならない場合は下記リンクを参照してください。下記リンクで紹介しているお薬は薬局お茶の水ファーマシーでも取り扱っております。

まずはご相談ください

ちょっとした症状の緩和に、どんな薬を使ったらいいか迷ったり、どんなものがあるかよくわからなかったりするときは、薬局で対応できることも多くあります。その他に、健康診断の結果や、サプリメントやケミカル品のご相談まで広く承っておりますので、ぜひ当薬局までお気軽にご相談くださいませ。