社員の健康管理の底上げに

ちょっと体調が悪いときに、病院と薬局に行く時間がない、お金をかけていられない、そんな忙しいビジネスパーソンが対象です。

現状だと、風邪や花粉症の薬を使うには、ドラッグストアで購入か、病院で処方せんをもらって薬局で薬を貰う必要があります。しかし、病院だと待ち時間と薬局に行く手間もあり、簡単に行けるわけでもありません。また、ドラッグストアだと、いろいろな種類があり、どれを使っていいかわからないからなんとかしてほしい、病院と同じような薬を使いたいというニーズがありますが、病院で使うおくすりを販売する体制がまだまだ整っておりません。

実は、薬局でも病院のお薬(処方せん以外の医療用医薬品)を販売することが法律で定められており、風邪や花粉症と言った軽症の急性疾患の緩和は薬局で対応することができます。この仕組を業界用語で零売といいます。しかし、零売は自費扱いのため、患者負担がどうしてもかさんでしまいます。零売自体は、効果のあるお薬を、薬剤師が直接販売できるため、時間も費用も削減し、かつ医療費の削減にも繋がるため、これからの医療業界では期待されている販売業態の一つです。全国では数十店舗程度の零売薬局がありますが、まだまだ社会実装が十分になされていない現状があります(薬局自体が公表していないこともよくあります)。

薬局お茶の水ファーマシーでは、この度、薬局薬剤師と企業との間で零売の便宜を図り、働いている社員の福利厚生の向上、医療費の削減、持続可能な零売販売体制の社会実装を実現すべく、「かかりつけ企業薬剤師」のサービスを開発しました。「かかりつけ企業薬剤師」とは、地域の周辺企業とかかりつけ企業薬剤師契約を結び、零売手数料を法人負担、医薬品代を社員負担として、薬局に来る金銭的、心理的ハードルを下げることで、身近な保健室のように利用できるサービスのことです。また、零売対応だけではなく、周辺の医療機関と連携し、健康相談から生活習慣を改善するべく、地域の医師(お茶の水循環器内科院長、五十嵐健祐先生)や各種専門医療機関へ受診勧奨することができます。

契約企業社員の健康をサポートすることで、企業のパフォーマンスを落とさない体制づくりに役立てるサービスです。また、βテスト終了後、他のエリアでも同様のサービスができるよう、電子薬歴と連動したソフトウェアの開発に着手します。ソフトウェア開発により、より簡単に、どの薬局でも零売を導入し、かかりつけ企業薬剤師サービスの展開が容易になると考えられます。

当薬局にご相談ください

社員の健康管理を薬剤師におまかせいただけますと、急な体調不良や将来的な健康リスクの低減ができます。ビジネスパーソンのパフォーマンスを低下させない知恵、技術でしっかりサポート致します。きにな社員の健康管理を薬剤師におまかせいただけますと、急な体調不良や将来的な健康リスクの低減ができます。ビジネスパーソンのパフォーマンスを低下させない知恵、技術でしっかりサポート致します。