2021年7月11日(日)、技術書典11オフラインイベントに参加します。

技術書典11

技術書典11オフラインイベントに参加します。

技術書典とは、プログラミング技術から科学技術、薬学技術まで、幅広く技術書を共有、即売できる1年に2回程度開催されるイベントの一つです。
薬局茶の水ファーマシーは去年の9月、技術書典9に参加して、「ビジネスパーソンのためのセルフメディケーション読本」というお薬の技術書を出品致しました。
去年は新型コロナウイルス感染症対策のため、完全オンラインで、技術書典9、10は開催されておりましたが、今年の技術書典11は2021年7月10日(土) ~ 2021年7月25日(日) の16日間技術書典オンラインマーケットを開催し、また2021年7月11日(日) にオフライン・イベントをトライアル実施することが決定しました。

新型コロナウイルス感染症対策のガイドラインに沿って、非接触型の事前決済や、感染対策導線といった工夫を行った上で、池袋サンシャインシティの展示ホールD (文化会館ビル2F)にて開催予定です。新型コロナウイルス感染蔓延防止等重点措置の最終日である7月11日ですので、感染拡大状況によっては、オフライン開催自体が難しい可能性もありますが、出店情報については、詳細が決まり次第、当薬局のHPにてお知らせしたいと思います。

今年は「ビジネスパーソンのためのお薬・サプリ読本vol.1」という名前の本を発刊します。

<この本で得られること>

本書は、薬やサプリ、医療機器が関わる領域で実際に薬局窓口で相談や質問があったことをわかりやすく掘り下げた本です。 具体的には、新型コロナウイルスのmRNAワクチンや大麻、トクホ、ブルーライトカットレンズなどの成り立ちや経緯を踏まえた上で、実際どのように向き合っていけばよいかのヒントを得られるようにしています。 前作はちょっと文字が多すぎたので、図解できるところは積極的に図を使っています。一問一答形式のため、目次で気になるところから読み進めても全く差し支えございません。

<本書の対象読者>

本書では次のような人を対象としています。

・ 薬やサプリメントについての実際を知りたい人
・そろそろ健康診断で再検査が増えてきたような気がする人(30代〜)
・前作「ビジネスパーソンのためのセルフメディケーション読本」を読んだ人
・今話題の医療(mRNAワクチン、医療大麻など)について理解を深めたい人

<物理本特典>


物理本をお買い上げ頂いた方には、同じ装丁デザインのオリジナルお薬手帳が特典として封入されます。ワクチン接種記録書の添付枠や、災害時に役立つ市販薬リスト、各ベージにはそれぞれちょっとした豆知識、問い合わせ先のQRコードも載せている、使いやすい物となっていますので、あまりこだわりがなければ、ぜひ使っていただけますと幸いです。前作の「ビジネスパーソンのためのセルフメディケーション読本」デザインとは違って、持ち運びしても違和感のない、大人な感じに仕上げております。

詳細は技術書典11のサークルページよりご参照くださいませ。 → https://techbookfest.org/product/5778590283071488

現在審査中ですが、問題なければ7月10日から販売が開始されます。 

また最新情報が更新されれば、改めてお知らせ致します。